コルクマット。おすすめは大判45センチ11ミリ厚!

コルクマットは45センチ大版がおすすめ

45センチ11ミリ厚コルクマット

コルクマット
ご紹介するコルクマットの大判45センチは厚みが11mmもあるので、防音性、消音製、クッション性が通常の商品よりもさらにアップ。赤ちゃんがおもちゃを床に落したり、叩いて遊んでも、もう大きな音はしません。階下への気兼ねもなくなります。


このコルクマットの使用素材は、国際的な検査機関SGSの認証だけでなく、国内の検査機関の検査結果からも、その安全性が証明されているので、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使えますね!

 

おすすめ大判コルクマット  ジョイント式コルクマット


コルクマットを敷くとこんなメリットが>>

●コルクマットで床音がかなり消えますよ。
通常の落下物は軽くコン。幼児が走り回る音は半減以下になったとのレビューがほとんど。
コンクリート造りならほぼ完璧な床音の防音になっているようです(大判11o厚)。

●コルクマットは赤ちゃんや幼児の転倒事故を少なくします。
よちよち歩きの頃が一番心配な転倒事故。硬いフローリングのままでは危険がいっぱいです。
赤ちゃんや幼児を預かるのが仕事の保育園や託児所でもお使いいただいています。

●コルクマットはダニの発生を抑制します。
毛足の長いカーペットや絨毯敷いてませんか、部屋でペットを飼っていませんか?
こんなご家庭は特にダニ対策必要ですよ。コルクマットにしてください。

●コルクマットはフローリングの冷たさがなくなります。
この効果を期待していたわけじゃないのですが、コルクを敷いていると実際真冬にでも足・指先が冷たくない。
冷たくないというよりほんのり暖かい感じです。これ、 実感です。

●コルクマットはペットの事故を減らします。
ダニの発生の抑制と、フローリングで滑って骨折する事故から守ってくれます。

●コルクマットは撥水性があり、ジュースや水をこぼしても大丈夫、お掃除が簡単!
コルクは水を通しません。サッとふいてもらうだけ。最近はやりのお掃除ロボットもすいすい動きます。




ジョイントマットを敷くとこんなメリットが>>

・冬でも足が冷たくない、断熱効果がある
お客様からいただくコメントでこのご感想はかなり多いです。真冬のフローリングは冷たいですね。
ボアのスリッパでも足の指先が凍り付きそうなくらいです。ホットカーペットや床暖房のお世話にならなければいけません。

ところが、 ジョイントマットを敷くと冷たさがなくなります。逆にほんのり温かみを感じます。
ホットカーペットや床暖房どころかスリッパも要らなくなります。これはすごい。

・踵・膝・腰に優しいクッション性
硬い床の上で立ち仕事してると踵、膝、腰にきますね。多くのご家庭ではキッチンマットをお使いだと思いますが、マットの厚さとクッション性が足りなくて膝を傷めた、腰が痛いという奥様も多いです。

1センチ厚と2センチ厚があります。奥様が立ったままの姿勢でお料理などをされるスペースにジョイントマット敷いてみてください。 ちょっと凹むクッションが膝や腰へのスタンを軽減します。

赤ちゃんのおむつ替えなんかではママさんは床に膝をついておむつ替えになりますが膝がゴリゴリして痛いでしょう!?
薄いカーペットでも膝の骨が痛い。 ジョイントマットなら痛くないですよ。

・毎日の掃除が簡単、水洗いもできる
毎日の掃除は簡単にできるほうがいいですよね。毛足がないので掃除機をかけるのもラクです。
赤ちゃんがいてミルクおこぼしてもサッとふき取るだけ。水分は浸み込みませんので後でカビが生える心配もありません。
髪の毛やペットの毛などの埃がジョイント部に溜まることがありますので週に一度ぐらい、ジョイント部を細いノズルで吸い込んでください。

汚れが目立つようになったら水洗いできます。束子でごしごしやる必要はありません、スポンジは布で軽くこするだけ。
EVA内には水分が浸み込みませんのですぐに乾きます、風の通る日陰 がおすすめです。
ジョイントマットは丈夫な素材ですが、もし傷んでしまった場合はその1枚、2枚だけ新しいマットに交換ができます。

赤ちゃんの転倒衝撃を和らげる
ジョイントマットを敷くメリットこれは特に関心の高いジョイントマットを敷くメリットかと思います。
お座りをし始めた、ハイハイをし始めたころお母さんが真っ青になるのは赤ちゃんが転倒して硬いフローリングに頭をぶつけること。

もろに後頭部を打ちます、痛いでしょうねえ。痛くて泣いたぐらいで済めばいいですが事故になる危険性もあります。

マットの厚さは1pでも、EVAのクッション性は衝撃を分散します。ジョイントマットを敷いてあげたら泣きもせずに起き上がってきたとかのコメントもあるほど、赤ちゃんの転倒衝撃をやわらげます。


・足音・床音の防音
特に関心の高いジョイントマットを敷くメリットでこれが一番でしょうか「床音の防音」
初めにお断りしなければなりませんが ベッドやソファーから子供が飛び降りるような「ドスン」という音は消せません。
日常の生活音は消せます(マットの厚みによります)

マンションなどでのご近所トラブルで最も多いのは床音のトラブルです。
カタログに「防音タイプマンション」と書いてあっても鵜呑みにしちゃダメです。
現在のマンションのほとんどは二重床のフローリングで床になるコンクリート(スラブ)にフローリングを載せているような物、多かれ少なかれ床の音は階下に伝わります。

その音をせめて半減させて階下に迷惑を掛けない、トラブルにならないようにするために最低限ジョイントマットを敷く、もはや常識と言えるマナーかと思います。

ダニの棲家が減る、ダニが減る

関心の高いジョイントマットを敷くメリット「ダニが減る」
世界中どんな家にもダニはいると言いますから ダニをゼロにするのはできないのでしょう、でも野放しに増えるのをやめさせましょう。
奴らは日中は畳の中絨毯にゃカーペット、ベッド、ソファの中に潜んで夜になるとザワザワと這い出してきます。
要するに、人間に見つからないものの中、適度な湿気があって繊維が絡み合って居心地のいい場所を棲家にしています。

毛足の長い絨毯やカーペットはまさにダニの棲家にふさわしいのですね。
ジョイントマットはダニが棲家にできる穴がありません棲家がないから子孫も増やしにくい。
強いて言えばジョイント部だけですからここを集中的にお掃除すればダニはどんどん少なくなります。


ペットの骨折・脱臼リスクがなくなる
室内犬を飼っているとフローリングで気になるのは、ワンコの場合は歩く時の爪音、それに駆け寄ってきてフローリングが滑って止まれないでコケることですね。
爪音、飛び降りる音もですがフローリングは硬い、冷たい、滑るので特にワンコの脱臼・骨折事故が多いです。
カーペットを敷いてるから大丈夫よ、というご家庭もあるかと思いますが、カーペットではクッションになる厚さがありません。滑りはなくなってもペットの足腰の関節に負担が蓄積します。

コルクマット、ジョイントマットはソファやタンスからペットが飛び降りてもEVAのクッションが衝撃を分散します。毎日歩き回る部屋で硬いフロアと 硬めのクッションではくるぶし、足腰の関節の負担度合いが違います。

歩きたがらなかった老犬がジョイントマットに床にしたら元気になったというコメントもいただいてます。

ジョイントマットのEVA樹脂は夏は涼しく、冬はあたたかという理想的な素材。クッション性もあるので騒音対策もバッチリです。フローリングが傷つくこともりません、床の冷たさをなくす断熱クッションなり、床音を防音します。

また、EVAは液体を通さずお掃除も簡単、清潔さをキープ!
EVA本体内部にダニやカビは発生・繁殖する隙間がありません。
マンション住まいなら、乳幼児がいるご家族ならフローリングのマイナス面が消えるジョイントマットを敷いてください。

※EVAとは・・・エチレン・ビニール・アセテートの略で、軽量で弾力性に富み、抜群の衝撃緩衝性を特徴とするミッドソール素材です。スポーツシューズなどのクッション材によく使用されています。また、燃やしてもダイオキシンが発生しない、環境にもやさし素材です。

ジョイントマットで防音、

お読みください、ご留意いただきたいこと>>

●開封しますと多少コルクマットのにおいがします。
気になる場合は風通しの良い日陰で匂いをとった後にご使用下さい。

●コルクマットは開封時コルクの粉が付着している場合があります。よく掃除機で吸い取ってからご使用下さい

●天然素材のため、コルクのキメや色にばらつきがあります。

●コルクマットは天然素材のため、端部分が欠ける恐れがあります。
組む時、組んだコルクマットをはずすときなど、丁寧にお取扱い下さい

●コルクマットは火気に近づけたり直接ストーブ等の火が当たる所で使用しないで下さい。

●コルクマットは床暖房との併用はお避け下さい。理由としては
熱がこもって床暖房が壊れる、熱でフローリングを傷める、コルクマットが反りかえるなど。
硬質緩衝材EVAは床の熱も床の冷たさも伝えにくくする性質を持っています。

●コルクマットの上に机・テーブルを置かないでください。足(脚)の部分が凹んでしまいます。

●コルクマットのジョイント部分でのつまずきにご注意下さい。
また、床の種類によって、マットがすべる場合がありますのでご注意下さい

●コルクマットを長時間敷きっぱなしの場合、床の材質とワックスの種類によって変色したりはがれにくくなる場合があります。
定期的にはがして、床およびマット裏面の掃除を行ってください。


どんな音も消音できる?

結論から言うと カタン コトン カーン と床に高い音で響く音(軽い衝撃)はほとんど無くなります。
おもちゃをばら撒いて遊んだり、おもちゃを床に叩いてみたり、落したりした時の「カンカン」や「ガタン」はかなり小さくなります。

幼児が部屋で飛び跳ねたりベッド屋ソファから飛び降りたり走りまわったりする「重量が加わる音」 はコルクマットでは消せません

ドスン・・は消せません

おもちゃが落ちた音、化粧瓶が落ちた、食器が落ちた時の音(軽量衝撃音)はコルクマットで十分ですが、子供の走り回る音などは「重量衝撃音」といわれるもので、まさに体重がかかった衝撃を伴う振動ですから、この重量衝撃音を消すには建物の床のコンクリートの厚さを変えるかダンススタジと並みの防音防振床構造にする方法でなければ無理です。

コルクマットの防音効果は軽い衝撃音対策だとおもってください。
衝撃はクッションで消すことは可能ですが重量に相応する厚みが必要です。
コルクマットやジョイントマットによる防音効果はEVAのクッションによる衝撃吸収ですが、体重のかかった衝撃音を吸収するには薄すぎます。

生活音はなくなります

自宅でもコルクマットを部屋に敷いています
化粧品の並んだチェストからうっかり化粧瓶おとしたりすりと、小さなクリームの瓶でも「カーン」と大きな音なんです。
敷く前もあとも、うっかり落とすことはありますが音はほとんどしなくなりました。あ、しまった!と思っても「コン」 です。

自分でも敷いてみて防音効果を実感しました!

ジョイントマット・コルクマット敷いて化粧クリームの小瓶を50pぐらいの高さから落としてみたら 小さく「コン」 、
ジョイントマット・コルクマット敷いてないとガターン!!と部屋中の大きな音! 同じ小さな化粧瓶でもこの音の差なんです。
ためしに二階の部屋で 落としてもらって、真下の部屋で音を聞くと、マット敷いてない音はけっこう大きい・・
なるほど・・階下に住んでいて、上の部屋に小さいお子さんがいたら・・


おすすめするコルクマットの大判45センチは厚みが11mmもあるので、防音性、クッション性が通常の商品よりもさらにアップ。
赤ちゃんがおもちゃを床に落したり、叩いて遊んでも、もう大きな音はしません。階下への気兼ねもなくなります。

やっぱり敷いたほうがいい!
ジョイントマット・コルクマット。

お買い上げのお客様の口コミにもございますが、幼児の走り回る音などをジョイントマット・コルクマットで完全に防音することは出来ないけど、敷いたあとでは階下から苦情がなくなった、ケースが多いです。完全に防音ではないけれど半減、七割減・・というところでしょうか。

実際に自分も使っていますので防音という視点では、コルクマットを敷いたほうがいいと思います。
それに冬でもアシが冷たくない、カーペットより掃除がラク、衛生的

防音工事依頼する前に、ジョイントマット・コルクマットで防音効果をお試しください、
パズルを組むようなジョイント式で、コルクマットはご自分で簡単に敷けます。

もっと詳しい情報サイトがあります⇒防音マットお役立ち情報

記事の一部

■上の表でおわかりのように上階からの音が聞こえないレベルの防音はΔLL(1)- 5、ΔLL(1)- 6、ΔLL(1)- 7です。
ΔLL(1)- 4もほぼ聞こえないとも言えますが、階下の人が神経質・・・続きはこちら→防音効果のあるマット

■初め苦情が来たすぐあと防音カーペットを敷いたのにその後も床音がうるさいと階下から苦情が来る
なんで?ちゃんと敷いてますよ、あなたたちクレーマーなの?と・・・続きはこちら→赤ちゃんの足音でクレームが来た

防音コルクマット。言葉からコルクマットは防音にオールマイティのような印象ですがそうではありません。
中には リスニングルームを造りたい、
子供が走り回る音が気に・・・続きはこちら→軽量衝撃音と重量衝撃音って何?

床音の防音のために敷くマットにはコルクマット EVAマット、防音ラグマット 防音タイルマット 防音シートなどがあります。
防音niはジョイントマット、防音ラグマット 防音タイルの・・続きはこちら→お探しの防音マットはどんな種類ですか

■・ほとんど聞こえない 全く聞こえない ΔLL(I)-7 旧表示相当 LL-30 上階の気配をまったく感じない
・静かなとき聞こえる まず聞こえない  ΔLL(I)-6  LL-35 上限の・・続きはこちら→防音マットの遮音等級とは

■ジョイントマットを敷くとメリットが多い、そのメリットとは。断熱効果、クッション効果、防音効果、ダニ対策効果、フローリング保護効果があってで掃除が簡単、傷んだらその1枚だけ取り替えられる、静音カーペッ・・・続きはこちら→ジョイントマットを敷くメリット




Copy right Digital genkaiya Inc.
サイト内すべての画像・文章は著作権が保護されています。転用はご遠慮下さい。
<コルクマット >MIMOZA COMPANY NET SHOP GROUP